新年のご挨拶(平成24年1月)

2012年1月9日

新年のご挨拶
『活力あるまちづくり』

furukawa.jpg

北島町長

古 川 保 博

 

謹んで初春のご挨拶を申し上げます。

皆様におかれましては、輝かしい新年をお迎えのことと存じます。

昨年は、3月11日に発生した東日本大震災により、多くの貴重な生命と財産が失われました。また、9月には相次ぐ台風の来襲により、県下全体に大きな被害を受け、自然の猛威を改めて感じさせられる1年でありました。

一方、経済に目を向けますと、ギリシャをはじめ全世界に不況の波が押し寄せ、過去最高を記録した円高により、国内でも輸出産業に大きな打撃を受けております。

暗いニュースが続く1年ではありましたが、本町におきましては、2月7日に大鵬薬品工業(株)、徳島県、北島町の3者による工場立地の調印式が行われるという明るい出来事もありました。

大鵬薬品の進出が本町にもたらす効果は多大であり、本町発展の礎となるものと期待しております。

町長として町政をお預かりして2年、ちょうど任期4年の折り返し地点となりますが、これまで町の発展、住民福祉の向上に向けて全力を尽くしてまいりました。

所信表明でも一番に掲げております子育て支援につきましては、長年の懸案でありました幼稚園複数年化につきまして、今年度から在宅のお子様を対象に2年保育を開始いたしました。

防災対策につきましては、北島北小学校・北島北幼稚園の耐震補強及び大規模改修、北島町立保育所の耐震改修が年末に完成し、町内の教育施設の耐震化はすべて完了いたしました。

更に本年度には、本町3つ目となる江尻防災公園整備事業に着手いたしました。江尻防災公園内の耐震性貯水槽が完成しますと、北村防災公園・グリーンタウン防災公園に整備されている貯水槽とあわせて160トンの水量となり、災害時には町民の約3日分の飲み水が確保されることとなります。

また、近年発生するとされる南海・東南海地震に備え、11月には北島南小学校において、町民の方を対象とした防災訓練を実施し、多くの方のご参加をいただきました。今回の課題を生かし、今後も地域ごとに順次訓練を実施していく予定です。

地域の活性化については、大鵬薬品工業(株)の工場建設に関する地元説明会が行われて整地が進められ、1月27日の北島工場建設工事の起工式により、いよいよ工場建設が本格的になってまいります。このことにより、地域の雇用拡大、地元商店の活性化等大きな効果が期待されますので、本町といたしましても下水道整備や交差点改良を進め、1日も早い操業開始に向けて協力してまいりたいと考えております。

社会基盤整備としては、老門ポンプ場・中央排水機場の耐震化を進めるとともに、八丁野排水路・川田排水路等の整備を行う等排水対策を進めております。

大震災の影響により国からの交付税や補助金の先行きが見えない状況ではありますが、今後も皆さまのご意見に耳を傾け、「子育て支援」、「地域の活性化」、「安心・安全なまちづくり」、「都市基盤整備」に取り組んでまいる所存でありますので、お力添えをいただきますよう、お願い申し上げます。

最後になりましたが、町民皆さまのご健勝ご多幸を祈念申し上げて新年のご挨拶とさせていただきます。

平成24年1月

カテゴリー

このページの
先頭へ