第4回定例会を終えて(平成25年1月)

2013年1月13日

『第4回定例会を終えて』

furukawa.jpg

北島町長

古 川 保 博

 

昨年末に行われました衆議院議員総選挙において、政権は再び自民党へと移りました。

政権交代の期待感もあって、年末から株価は上昇を続けておりますが、この景気の回復が本物となることを期待しております。

12月に開催されました北島町議会第4回定例会においては、町提案として「北島町暴力団排除条例の一部改正について」ほか議案7件、報告1件を提出し、議員各位の慎重審議の結果、全議案に承認をいただいております。

今回の補正予算では、現在工事が進められております四国横断自動車道の太郎八須地区において、高速道路法面を利用した一時避難場所設置に係る設計委託料や自主防災組織の増加による住民活動助成金の増額など、住民皆さまの安全確保に重点をおいた予算となっております。

昨年10月に県から発表された津波浸水予測は、本町にとって非常に厳しい内容でありました。現在、町では「まず命を守る」ということに重点において、防災計画の見直しを進めております。

加えて、防災対策の基本は自助(自分の力で災害に備える)・共助・近助(地域(近所)の人で助け合う)・公助(公的な支援)がうまくかみ合うことであり、自らの備え、ご近所の皆さまの助け合いなくしては災害を乗り切ることはできません。町内各地で自主防災組織の設立が進んでおりますが、皆さまにおかれましてもまず自分たちの命は自分たちで守るための備えをお願いいたします。

新しい年を迎え、本年も職員一同、行政のプロとして住民皆さまの福祉の向上に努めてまいりたいと考えておりますので、引き続き一層のご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

平成25年1月

カテゴリー

このページの
先頭へ