第1回定例会を終えて(平成23年4月)

2011年4月4日

『第1回定例会を終えて』

furukawa.jpg

北島町長

古 川 保 博

 

このたびの東日本大震災により、亡くなられた方々に謹んで哀悼の意を捧げ、ご冥福をお祈りいたしますとともに、被害を受けられた方々に心からお見舞いを申し上げます。

北島町では、国や県からの情報をもとに町からの義援金支出、物資の提供、義援金の受付、職員派遣など、被災地の一日も早い復興を願って、近隣市町村や関係機関と協力しながら支援に取り組んでおります。町民の皆さまにおかれましても、ご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

今回の大震災は、これまで万全とされていた防潮堤や防災設備等の機能をはるかに超えるものでした。本町におきましても、今後30年以内に60%の確立で起こるとされる南海・東南海地震に備え、防災体制を見直し、これまで以上に対策を講じていく必要があると考えております。

しかし一方で、これほどの災害においては、行政における「公助」の能力には限界があり、自ら身を守る「自助」、お隣どうしで助け合う「共助」が必要となってまいります。今一度、ご家庭内の安全、避難場所等のご確認をいただくとともに、地域における自主防災組織づくりにご協力をお願いいたします。

3月に開催されました北島町議会第1回定例会におきましては、平成23年度北島町一般会計ほか5つの特別会計と水道事業会計予算のご承認をいただきました。本年度の予算は特に、安心・安全なまちづくりに重点をおいた予算となっております。

主な事業としては、児童・生徒の安全確保のため、北島北小学校及び北島北幼稚園の校舎等耐震補強及び大規模改修工事を実施いたします。学校施設は災害時において避難所となる施設です。この事業の完成により本町の幼稚園・小学校・中学校の耐震化はすべて完了となります。

さらに、町内3箇所目となる耐震性貯水槽を備えた防災公園を江尻地区に整備いたします。

また、昨年度に引き続き木造住宅耐震診断及び耐震改修補助事業を実施いたします。今年度は住宅リフォーム補助金制度も新規事業として実施いたしますので、この機会にぜひ住宅の耐震化を図っていただきたいと思います。

このほかにも各種事業に取り組み、平成23年度も安心して暮らせるまちづくりのため、より一層、各施策を推進してまいる所存でございますので、皆さまのご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

平成23年4月

カテゴリー

このページの
先頭へ