新年のご挨拶(平成23年1月)

2011年1月7日

新年のご挨拶
『安心して暮らせるまちづくり』

furukawa.jpg

北島町長

古 川 保 博

 

新年あけましておめでとうございます。

皆様におかれましては、輝かしい新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。

昨年1月、皆さまの力強いご支持を賜り、北島町長として町政をお預かりし、この1年、町の発展、住民福祉の向上に向けて、全力を尽くしてまいりました。

世界的に不況の波から抜け出せない状況が続く中、町民皆さまが安心して暮らせるまちづくりを推進していくことが、町政を託された私の責務であると感じております。

昨年は、まず子育て応援施策の実行を一番に掲げ、幼稚園・小学校・中学校の給食費を半額にいたしました。また、小学校3年生までを対象としていた乳幼児医療費を小学校6年生まで拡充しております。

長年の懸案となっておりました幼稚園の複数年化については、新年度から保育所入園対象となっていない在宅のお子様を対象に2年保育を実施いたします。

今後は、国における幼保一元化の流れをみながら進めてまいりたいと考えております。

地域の活性化については、旧東邦レーヨン跡地への早期企業誘致を目指し、各方面のご協力を賜りながら、関係企業への陳情を行うとともに、税の優遇措置や地元住民の雇用に対する助成制度等の条例改正を行い、誘致に向けた努力を続けております。

防災・防犯対策としては、北島南小学校・北島小学校の耐震補強及び大規模改修事業に着手いたしました。北島南小学校は既に完成し、北島小学校は年度内完成に向けて工事を進めております。

北島北小学校・北島北幼稚園の耐震補強については、現在実施設計を行っており、新年度において工事を実施する予定です。

町立保育所の耐震改修も本年度に設計業務を行っており、各公共施設についても随時、耐震改修業務を進めてまいります。

更に、町民の皆さまの生命と財産を守るべく、緊急雇用創出事業を活用し、戸別訪問により個人住宅の耐震診断や耐震改修の募集を積極的に行っております。

また11月より高齢者世帯等を対象に家具転倒防止金具及び火災報知器の設置事業も始めておりますので、対象となられる方は、是非この機会にご利用いただきたいと思います。

社会基盤整備としては、下水道事業において、下水道課を新設し事業の推進に力を注ぎ、昨年度から繰り越しておりました路線について十月に供用開始手続きを行いました。更に重要な流域幹線との接続工事も10月中旬に完了し、この幹線が完了したことにより新たな地域の接続が可能となっております。

今後は、新路線の工事を推進していくとともに、促進員等による接続率の向上に向けて努力してまいります。

その他の基盤整備についても、まちづくり交付金を活用し、老朽化した老門ポンプ場・中央排水機場の改修や高速道路の周辺対策事業等を引き続き進めております。

地域経済の低迷や税収の減少等、北島町を取り巻く環境は、非常に厳しい状況にありますが、今後も町民の皆さまとの対話を重視し、「子育て支援」、「地域の活性化」、「安心・安全なまちづくり」、「都市基盤整備」に取り組んでまいりたいと考えておりますので、皆さまのお力添えをいただきますよう、お願い申し上げます。

最後になりましたが、皆さまのご健勝ご多幸を祈念申し上げて新年のご挨拶とさせていただきます。

平成23年1月

カテゴリー

このページの
先頭へ