新型コロナウイルスの影響による法人町民税の申告・納付期限延長について

2021年10月8日

新型コロナウイルス感染症の影響により、社員の感染や外出自粛の要請、感染拡大防止のための在宅勤務など、やむを得ない理由で期限内に法人町民税の申告や納付を行うことができない場合は、次の手続を行うことで、申告期限及び納付期限を延長することができます。 

 

なお、国税庁において、令和3年4月16日以降に個別延長を申請する場合は、申告書等の余白に新型コロナウイルスによる申告・納付期限延長申請である旨を付記するなどの簡易的な申請方法ではなく、「災害による申告、納付等の期限延長申請書」を提出することになりました。

 

この変更により本町の法人町民税についても下記の手続きにが必要となりますのでご注意ください。

申請方法

 

1.法人税の「災害による申告、納付等の期限延長申請書」を提出した場合

「災害による申告、納付等の期限延長申請書※税務署提出日のわかるもの」の写しを法人町民税の申告書に添付してください。

2.法人税の申告義務がなく、法人町民税のみ延長申請が必要な場合

次の「災害による申告、納付等の期限延長申請書(北島町長宛)」を法人町民税の申告書に添付してご提出ください。

 ●災害等による申告、納付等の期限延長申請書(北島町長宛) (DOCX 10.7KB)

  【記載例】災害等による申告、納付等の期限延長申請書(R3.4 (PDF 84.7KB)

電子申請(eLtax)を利用する場合は、期限延長申請書を申告書の添付ファイルとして提出いただいてかまいません。

 

申告・納付期限

上記の方法で申請を行った場合、申告・納付期限は、原則として申告書等の提出日となります。

 

(参考)国税庁ホームページより

国税における新型コロナウイルス感染症拡大防止への対応と申告や納税などの当面の税務上の取扱いに関するFAQ(R3.7.2時点) (PDF 2.25MB)