HOME記事猫による被害でお困りの方へ

猫による被害でお困りの方へ

「近所で猫が増えて困っている」「猫が庭に入ってフンや尿をして困っている」などの苦情が多数寄せられています。しかし、猫には犬のように登録制度や法的な放し飼いの制限がないため、野良猫であっても公的機関による猫の駆除や捕獲ができません。そこで猫の被害の軽減に比較的効果があると思われる方法をご紹介します。

個体差もあり、猫によってはあまり効果がない場合もあります。

方法によっては効果が長続きしない場合や、繰り返し行うことが必要な場合があり、猫が慣れて反応しなくなる場合もあります。

猫は愛護動物です。虐待にあたるような行為は、法律で罰せられます。

猫除け対策をする際は周辺への配慮を忘れずにお願いします。

 

忌避剤

●猫の嫌いな臭いや刺激臭によって猫が近付きにくくする方法です

●雨や風で効果が薄れてしまうので、定期的に交換してください

●猫が臭いになれると効かなくなる場合があるので、同じものを使い続けるのではなく、時々種類を変える必要があります

※臭いが強いものや色が付いてしまうものもありますのであらかじめご近所の方にも説明しておきましょう

※化学薬品などは健康被害の誘因となる可能性があるので、使用に際してはご注意ください。

対策 使用方法・参考事項等
市販の忌避剤

ペットショップや薬局、ホームセンター等で販売

※長期間にわたって効果が持続するわけではないので、ある程度の期間ごとに反復して撒く必要がある

香りの強いハーブなどの植物を植える

猫の嫌がる香りのするハーブなどを植えるか、鉢植えを猫の通り道に置く。あるいはハーブの香料を置く

※ランタナ・ユーカリ・ゼラニウム・ヘンルーダ・ローズマリー・レモングラス・柑橘類・ペパーミント・タマネギ・ニンニク・チャイブ・マリーゴールド・カニナハイブリッド(ドイツで開発されたコリウスの一種で犬にも有効といわれる)など

木酢液

園芸用肥料としてホームセンター等で販売

容器に入れるか、スポンジや布に浸み込ませて置く

スプレーをすると猫のにおい消しにも有効

竹酢液を加工する

竹酢液(園芸用肥料としてホームセンター等で販売)を加工して撒く

材 料:竹酢液(400ミリリットル)・唐辛子(10本~15本)・レモンバームの葉(20枚~30枚)

作り方:①500ミリリットルの空のペットボトル容器に材料をすべて入れる

    ②1日から2日後に唐辛子とレモンバームの葉を取り除く

使い方:4倍から8倍に薄めて使う

    (臭いが強い場合は10倍くらいまで薄める)

生ニンニク

細かくきざんで撒く

ネットに入れて吊るす

唐辛子

細かく刻むか粉末状のものを撒く

※唐辛子パウダーなどはアリが食べてしまうこともある

コショウ・カレー粉等の香辛料 通り道やフンをする場所に撒く
コーヒーかす・茶殻

コーヒーを淹れたあとのかす、どくだみ茶などの茶殻を撒く

※乾燥してしまった場合の効果は不明。花壇等にも撒ける

米のとぎ汁 とぎ始めの濃い汁を毎日撒く
ミカンなどの皮

柑橘類の皮を撒く

※乾燥してしまった場合の効果は不明

柑橘類の香りのする薬品を置く

食用酢

容器に入れるか、スポンジや布に浸み込ませて置く

2倍から10倍程度に薄めたものを毎日噴霧

ハッカ系のもの ハッカ系芳香剤、ハッカ系ハーブ、ハッカ系練り歯磨きを撒く
どくだみの葉

どくだみの葉をつぶしたものを撒く。またはつぶした汁を撒く

どくだみを植える

重曹 撒いたり、土に混ぜ込んだりすることで猫のにおいを消すことができる

※これらのほかに市販品がペットショップやスーパー等で販売されています

 

構造物

水を入れたペットボトルを設置する方法は、ほとんど効果はありません。場合によっては、火災の原因となります。

対策 使用方法・参考事項等
水を撒く

ホースでたっぷりと水を撒く

※猫は体がぬれることを嫌がる

砂利(軽石)

大きめの砂利を敷き詰める。軽石(中玉の大きさ)は安価で効果も大きい

花壇などの場合は直径1cm程度の軽石が混じった観葉植物用の土を敷くのもおすすめ

大きな石 物理的に歩けなくなる位置に石を置く
松ぼっくり 猫が歩くところに敷き詰める
枯れ枝 球根や種を植えているところに敷きつめると掘り返されない

トゲのある植物を植える

葉を撒く

カラタチ・バラ・サボテン・ヒイラギ・ピラカンサ・地面に沿って延びるタイプのコニファーなど

※猫の通り道に対して植栽。ヒイラギの葉を花壇等の表土に混ぜ込むと効果的。

※花壇等におすすめ

地面を被う植物を植える

《日当たりの良い庭の場合の例》

タイム・ヘリクリサム・ビオラ・オランダイチゴ・ケンタッキーブルーグラス・ブルーフェスク・リボングラス・レモングラス・ゼラニウムなど

《日陰の場合の例》

アイビー・ツルニチニチソウ・斑入りカキオドシ・ラミウム類など

※植物が10cm~30cmぐらいの高さ(猫の目の高さぐらい)に茂っていると猫は茂みの中に入っていかない

※茂みの高さができるだけ高く、密であることが望ましい。柔らかそうな土を見せないこともポイント

※軽石等を敷く方法を併用するなどの工夫をすれば、全体を植物で覆う必要がなくなる

 さらにハーブ系・柑橘系の香りがする植物の場合は相乗効果が期待できる

灰などを撒く

ホームセンターや園芸店で販売されている

園芸用の石灰や炭粉などを撒く ※足につき、猫が嫌がる

とげとげシート

ホームセンターや園芸店で販売されている

全面に敷き詰めなくても跳び越えられない幅に敷けばよい。 塀の上など有効

目の細かい網

敷くと爪が引っ掛かり歩きにくい

アルミホイル 敷くと足音がするので嫌がる
物理的妨害 トレリス(ガーデニング用の木製の柵)を倒して置く(花壇等の場合)
ネットや柵 乗り越えられない高さ(1.5メートルくらい)の網、柵で囲うか、進入路をふさぐ

※やわらかい土の地面は猫のトイレの場所になりやすいので、タイルを敷き詰めたりコンクリートで覆うという方法もあります。

 ただし、効果のない猫もいます

 

追い払う

猫がきた時に追い払う方法です

対策 使用方法・参考事項等
水鉄砲等

猫は水で濡れることを嫌うので、追い払うことができる。ただし、人間がやっていることがわかってしまうと不在時に侵入するようになるので、猫に見破られないように隠れてするとよい。

※柑橘系のにおいを含んだ水だとさらに効果的

※散水式ホースを設置しておいて、猫を見かけたら水を出すか、あるいはセンサー感知式で自動放水する製品が販売されている

ブザー

遠隔操作式のものやセンサーつきのものが防犯コーナーで販売されている。猫が通過するときに鳴らすと警戒して近寄らなくなる

超音波機器

センサー感知式の超音波発生器

※猫の個体差で反応が鈍い場合がある。また、猫が慣れてしまう場合があり、費用対効果を考える必要がある

 

カテゴリー

このページの
先頭へ