住民票・マイナンバーカードへの旧姓(旧氏)併記について

2019年10月8日

11月5日からスタート

令和元年11月5日から、住民票とマイナンバーカードへの旧姓(旧氏)併記の制度が開始されました。

これにより、婚姻等で氏に変更があった場合でも、従来称してきた氏を住民票に記載したうえで、マイナンバーカード等に記載し、公証することができるようになります。

詳しくは総務省パンフレット、ホームページをご覧ください。

 

◎旧氏を記載するには請求書の提出が必要です。 

 請求書の提出時には本人確認が必要になります。

〈添付書類等〉

・記載を希望する旧氏から現在までの変更の履歴が証明できる連続した戸籍謄本等が必要です。

※住民票や戸籍届出の記載事項証明では受付できません。

・代理人による申請の場合は委任状(任意様式で可)も併せて提出してください。

 

総務省パンフレット

表面190822.pdf (PDF 918KB)

裏面190822.pdf (PDF 440KB)

総務省ホームページ

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_gyousei/daityo/kyuuji.html

請求書

旧氏記載請求書 kyuuji.pdf (PDF 80.6KB)

旧氏変更請求書 kyuujihenkou.pdf (PDF 83.8KB)

旧氏削除請求書 kyuujisakujyo.pdf (PDF 73.5KB)

 

このページの
先頭へ