北島町こうのとり応援事業について

2019年8月9日

この事業は、医療保険が適用されない特定不妊治療(体外受精・顕微授精)に要する費用の一部を助成することにより、特定不妊治療を受けている夫婦の経済的負担の軽減を図り、治療を受ける機会を増やすことを目的としています。

 

助成対象者  

次に掲げる要件をすべて満たすものとする。

(1)法律上の婚姻をしている夫婦であること。

(2)夫又は妻が治療開始日より以前に1年以上北島町の住民基本台帳に記載されていること。

(3)徳島県が実施するこうのとり応援事業の決定を受け、かつ、徳島県以外の地方公共団体から特定不妊治療の助成を受けていないこと。

(4)北島町の町税等を滞納していない者であること。

 ※(2)、(4)については平成27年7月1日治療開始分より適用されました。

助成額   

   
①特定不妊治療

 

①、②の治療を行った場合、
1回の治療につき10万円上限

①、②に加え、③、④の治療を行った場合、
1回の治療につき15万円上限

②余剰胚凍結保存料、胚保存料(凍結料除く)
③男性不妊治療
④男性不妊治療後の精子・精巣組織保存料(凍結料除く)

※特定不妊治療とは・・・不妊治療のうち体外受精及び顕微授精のこと

※男性不妊治療とは・・・特定不妊治療のうち精子を精巣又は精巣上体から採取するための手術のこと

※特定不妊治療に要した費用から徳島県から交付決定された助成金額を控除して得た額とし、上記の金額を上限とする。

 

助成期間

「徳島県こうのとり応援事業実施要網」に準ずるものとする。

助成の申請

原則として、治療が終了した日の属する年度内に必要書類を添付して申請する必要がある。

必要な書類

1. ★申請書:新こうのとり応援事業申請書(様式1).pdf (PDF 66.6KB) ※★申請書:記入例.pdf (PDF 98.1KB)

 ※申請書の町税等の調査への同意欄は必ず、本人による自署でお願いします。 また、印鑑は夫婦それぞれの印鑑での押印でお願いします。   

2.☆請求書:北島町特定不妊治療費助成金請求書.pdf (PDF 67.2KB)  ※☆請求書:記入例.pdf (PDF 157KB)

3.その他必要書類
 

(1) 徳島県こうのとり応援事業承認決定通知書(原本)
(2) こうのとり応援事業受診等証明書
(3) 法律上の婚姻関係にあることを証明できる書類
(4) 夫及び妻の住所を確認できる書類(住民票等)
(5) 夫及び妻の所得額を証明する書類(町県民税課税証明書)
(6) 特定不妊治療を受けた医療機関発行の領収書
※徳島県が交付するこうのとり応援事業承認決定通知書により、(2)~(6)は写しに替えることができます。

※県へマイナンバーを提示されている場合(3)~(5)は提出不要です。こちらで住民登録を調べさせていただくことがありますのでご了承ください。

4.印鑑(ご夫婦それぞれが必要) 

5.振り込み希望の金融機関の通帳(ご夫婦どちらか)

お問い合わせ

保健相談センター
電話:088-698-8909

「徳島県こうのとり応援事業」については、徳島県のホームページをご参照ください。

このページの
先頭へ