生活援助中心型の訪問介護が厚生労働大臣が定める回数以上となる場合の届出について

2018年10月3日

 

平成30年10月1日より,訪問介護における生活援助中心型サービスについて,利用者の自立支援・重度化防止や地域資源の有効活用等の観点から,通常の利用状況からかけ離れた利用回数となっているケアプランについて,市町村への届出が義務化されています。

対象,提出期限,届出書類については以下のとおりです。

対象

平成30年10月以降に作成または変更した居宅サービス計画のうち、訪問介護における生活援助中心型サービスが要介護度別の利用回数以上を位置づけるもの

介護度 要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5
基準回数 27回 34回 43回 38回 31回

提出書類

(1)訪問介護における生活援助中心型サービスの回数についての届出書

   届出書様式 (DOCX 13.9KB)

(2)基本情報

(3)アセスメント表

(4)居宅サービス計画書(第1表~第7表)

提出期限

居宅サービス計画を作成または変更した月の翌月の末日まで

カテゴリー

このページの
先頭へ