北村天満神社奉納獅子舞

2014年8月19日

町指定無形民俗文化財「北村天満神社奉納獅子舞」

天満神社奉納獅子舞写真
拡大鏡画面拡大表示

所在地・管理者:北村天満神社・北村獅子舞保存会
町指定年月日:昭和60年12月24日


稚児姿に扮した小学生2名と中学生2名による大小の太鼓と拍子木の音に合わせ、雌雄一対の獅子舞を演ずるもので、秋例祭と元旦祭の年2回、五穀豊穣と世の太平を祈願して奉納する。文化年間(1804~1813)に、社殿造営の際に讃岐国から導入されたのが始まりとされる。昭和58年に保存会が発足し、定期的に練習を重ねている。

このページの
先頭へ