夢告げ地蔵

2014年8月19日

町指定有形文化財「夢告げ地蔵」

夢つげ地蔵写真
拡大鏡画面拡大表示

種別:彫刻
員数:1躯
所在地・所有者:新喜来・光蓮寺
町指定年月日:昭和56年12月4日
時代:不明


この地蔵尊は、境内の東側にある地蔵堂に安置されている。台座共一石造りで、下ろした左足に右足首を載せて蓮華台に腰掛けている。右手に柄の短い錫杖、左手に宝珠を持つ。像高約60cm。以前は旧吉野川の堤防上にあったとされる。
「夢告げ地蔵」という名前は昔、豪雨によって旧吉野川が増水したことを、この地蔵が村人の夢に現れて告げた、という伝説に由来する。

このページの
先頭へ