弘法大師坐像

2014年8月19日

町指定有形文化財「弘法大師坐像」

弘法大師坐像写真
拡大鏡画面拡大表示

種別:彫刻
員数:1躯
所在地・所有者:北村・光福寺
町指定年月日:昭和54年9月19日
時代:元禄3年[1690年]


高さ60cmの寄木造り。椅子に座り、左手は膝の上において数珠を、肘を曲げた右手には密教の法具である五鈷杵【ごこしょ】を持つ。両眼に玉をはめ込み、身体と衣に彩色を施している。淡路の仏師・伊予源右衛門家次によって、元禄3(1690)年に制作されたとの刻銘がある。

このページの
先頭へ