全国瞬時警報システム(J-ALERT)の運用開始について

2014年8月21日

北島町では、平成21年5月1日(金)より全国瞬時警報システム(J-ALERT)による緊急放送を開始します。

J-ALERTとは、大規模災害や外部による武力攻撃などといった対処に時間的余裕のない緊急情報が、国(消防庁)から衛星通信ネットワークを用いて瞬時に送信され、町の防災行政無線(広報塔)を自動起動することにより、24時間体制で住民に緊急情報を瞬時に伝達するシステムです。これにより、国による情報覚知から住民への伝達まで、時間的なロスを最小限にすることができます。これらの情報が放送されたときは、テレビやラジオをつけて情報に注意し、身の安全を確保して落ち着いて行動するようにしてください。

このシステムで防災行政無線(広報塔)から放送される警報の種別は次のとおりです。

種別 放送内容
緊急地震速報
(震度5弱以上の揺れが想定される場合)
「警報音(NHK報知音)」+「大地震(おおじしん)です。大地震です。」というメッセージが3回繰り返された後、「こちらはぼうさいきたじまです。」+「チャイム」が流れます。
震度速報
(震度5弱以上の揺れがあった場合)
「チャイム」が流れ、「こちらはぼうさいきたじまです。」+「震度○の地震が発生しました。火の始末をしてください。テレビ・ラジオをつけ、落ち着いて行動してください。」というメッセージが3回繰り返された後、「こちらはぼうさいきたじまです。」+「チャイム」が流れます。
弾道ミサイル情報 「国民保護サイレン」+「ミサイル発射情報。ミサイル発射情報。当地域に着弾する可能性があります。屋内に避難し、テレビ・ラジオをつけてください。」というメッセージが3回繰り返された後、「こちらはぼうさいきたじまです。」+「チャイム」が流れます。
航空攻撃情報 国民保護サイレン」+「航空攻撃情報。航空攻撃情報。当地域に航空攻撃の可能性があります。屋内に避難し、テレビ・ラジオをつけてください。」というメッセージが3回繰り返された後、「こちらはぼうさいきたじまです。」+「チャイム」が流れます。
ゲリラ・特殊部隊攻撃情報 「国民保護サイレン」+ゲリラ攻撃情報。ゲリラ攻撃情報。当地域にゲリラ攻撃の可能性があります。屋内に避難し、テレビ・ラジオをつけてください。」というメッセージが3回繰り返された後、「こちらはぼうさいきたじまです。」+「チャイム」が流れます。
大規模テロ情報 「国民保護サイレン」+「大規模テロ情報。大規模テロ情報。当地域にテロの危険が及ぶ可能性があります。屋内に避難し、テレビ・ラジオをつけてください。」というメッセージが3回繰り返された後、「こちらはぼうさいきたじまです。」+「チャイム」が流れます。

※直下型地震等、震源に近い地域で発生した地震には緊急地震速報が間に合わないことがあります。

※人の手を介さずコンピューターが制御していますので、誤報が放送される可能性があります。この場合、誤報であることを伝える放送が流れます。

※地震以外の有事サイレンの音は内閣官房の国民保護ポータルサイトで聴くことができます。

このページの
先頭へ