簡単ヘルシーレシピ♪平成27年5月

2015年6月3日

 

今月の定例会レシピ   野菜がたっぷり・・・でもおなか満足の春レシピ♪はこちら→ resipi 5gatu.xlsx (XLSX 15.4KB)         

IMG_1935.JPG

 町長も試食しました!   

sisyoku.JPG

  

ヘルスメイトのみなさんの手づくりの昼食をおいしくいただきました。いつも食べている食事にくらべると、野菜づくしの上、薄味で最初は物足りなさを感じましたが、586キロカロリーと低カロリーの割には完食すると、おなかにずっしりきたと思います。今日のバランス食のレシピを家に持ち帰り、家庭でも、メタボ改善への第1歩を踏み出したいと思っています。食事会にお招きいただき、本当にありがとうございました。

  

  

  

                             

北島町ヘルスメイト

わが家の食卓を充実させ、地域の健康づくりを行うことから出発した食生活改善推進員は、「食生活を改善する人」を意味します。豊かな感性と知性と経験が一人ひとりの力となり結集され、“私達の健康は私達の手で”をスローガンに、食を通した健康づくりのボランティアとして活動しています。

 

21世紀は65歳以上の高齢者が、4人に1人となる超高齢社会になり、私たちはこれまで元気で長生きで健やかに過ごせる長寿社会を目指して活動を進めてきました。しかし現在では生活習慣病の増加が大きな問題となり、その原因は日頃の食生活に深い関係があります。このような状況を背景に食生活改善推進員は、「私達の健康は、私達の手で」をスローガンに、バランスのとれた食生活の定着を目的に、自主的な活動と行政への支援活動の両面から進めています。「家族」、そして「お隣りさん、お向かいさんへ」と働きかけ、仲間とのふれ合いを通じて、地域ぐるみのよりよい食習慣づくりを始めます。この“草の根運動”が食生活改善のための地区組織活動となり、お互いの交流を深め、問題解決に向かって協力し合い、人と人とのつながりの輪をつくっています。最初は小さな活動も、その結果がよければ、次々とその輪が広がっていくのが地区組織なのです。住みよい健康で文化的なまちづくりをめざし、自分の住む地域に愛情と誇りをもち、「我がふるさと」という意識を持ち活動を進めています。

北島町におけるヘルスメイトの会員数は、29名です。

毎月1回、健康に関する勉強と調理実習をしています。

ヘルスメイトに興味のある方は、お気軽に保健相談センターまでお問合せください。   

  (☎698-8909)

                  

 

カテゴリー

このページの
先頭へ