投票制度について

2016年2月23日

私たちは、18歳になると、みんなの代表を選挙で選ぶことのできる権利「選挙権」が与えられます。そして、その後ある年齢になると、今度は選挙に出てみんなの代表になる資格「被選挙権」が与えられます。また投票制度には、選挙期日に投票に行けない、仕事や旅行などで住んでいる地域以外の場所に出かけている、海外に住んでいるなどさまざまな状況を考慮した仕組みがあります。詳しくは以下のリンク(総務省HP)をご覧ください。

 

 

 

  1. 名簿登録地以外の市町村の選挙管理委員会における不在者投票
  2. 指定病院等における不在者投票
  3. 郵便等による不在者投票

 

 

 

 

 

カテゴリー

このページの
先頭へ