第1回定例会を終えて(平成26年4月)

2014年4月7日

『第1回定例会を終えて』

furukawa.jpg

北島町長

古 川 保 博

 

本格的な春のシーズンを迎え、町民の皆さまによって育てられた公園の花壇の見事な花や、街路樹の美しい木々に心弾ます季節がやってきました。

3月に開催されました北島町議会第1回定例会においては平成26年度北島町一般会計ほか5つの特別会計と水道事業会計予算をはじめ、補正予算5件、条例9件、道路線の認定等3件の議案を提出し、承認をいただいております。

東日本大震災から、はや3年が過ぎ、全国で防災への取り組みが急がれる中、北島町としても平成26年度予算では特に防災対策に重点を置いた予算編成としております。

主な事業としては、南海トラフを震源とした地震による津波対策として、太郎八須地区の高速道路法面を利用した一時避難所造成工事、中村地区の高速道路高架下を利用した津波避難タワー、また、町民体育センターの耐震及び改修工事と皆さまが安心してお使いいただける施設の早期完成をめざします。

またそれ以外にも、開設以来16年を迎えるホームページのリニューアルを予定しています。産学官連携事業として、四国大学の学生との協働により、利用しやすい、見やすい、災害に強い ホームページへと向上させてまいります。

一方、高齢者の方々には地域密着型特別養護老人ホームの完成や、「北島町在宅療養支援円卓会議」の開催等により、在宅、施設の両面から、より安心でより住みよい生活が送れる手助けをさせていただきたいと思っております。

4月からは消費税も8%になり厳しい予算ではありますが、今後も町民の皆さまのご意見をいただきながら、ますます活気に満ちあふれ、安心して暮らせるまちづくりに取り組んでまいります。なお一層のご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

平成26年4月

カテゴリー

このページの
先頭へ