子宮頸がん予防ワクチン接種について

2014年8月16日

厚生労働省健康局の平成25年6月14日付けの勧告において、現在、子宮頸がん予防ワクチンの積極的な接種勧奨を控えることとなりました。

子宮頸がん予防ワクチン接種後、ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な疼痛が特異的に見られたことから、同副反応の発生頻度等がより明らかになり、国民に適切な情報提供ができるまでの間、接種を積極的に勧めないこととなりました。

なお、子宮頸がん予防ワクチンの定期接種を中止するものではないため、接種を希望する対象 (小学校6年生から高校1年生相当の女子)の方は公費負担で接種できます。接種を希望する方は、必ず別紙リーフレット (PDF 1.35MB)をお読み頂き、有効性と接種による副反応がおこりうるリスクを十分に理解した上で受けるようにしてください。

お問い合わせ先

北島町保健センター
TEL.088-698-8909
 

カテゴリー

このページの
先頭へ