HOME記事平成30年度北島町防災訓練を実施しました

平成30年度北島町防災訓練を実施しました

 北島町では、11月11日(日)に北島中学校において防災訓練を行いました。
この訓練では、巨大地震の発生により、町内で震度6強を観測し、津波の恐れがあるという想定のもと、訓練開始の合図として「防災行政無線」と「北島町防災・情報メール」を使用して町内全域に北島中学校への避難を呼びかけたところ、関係者を含む総勢750名の参加がありました。
 今年度の訓練テーマは『連携』。実際に災害が起きて被災地になれば、多くの協力が必要になります。初期消火や避難者の誘導には"消防団"、救出・救助・捜索には"消防署"と"警察署"、避難所として利用する"学校"、その建物が地震の揺れで傷んでいないかを判定する"建築士会"、避難所運営を担う"自主防災会"やその手伝いをする"中学生"、女性ならではの困り事を相談できる"女性防災会"、全国から駆けつけるボランティアを総括する"社会福祉協議会"など、災害に備えて多くの団体とのつながりを築き、確認した訓練になりました。
 それと共に、高齢者施設や障がい者、外国人の方など、避難する際に支援が必要な方々も訓練に参加できるように、手話通訳者や車いす、徒歩で避難できない人のための要配慮者用駐車場を設けるなどの準備も行いました。
北島町では、今後も「支援をする人々」と「支援を受ける人々」とが、共に連携していくための取り組みを続け、災害時に備えていきたいと考えております。是非、みなさまもこの連携に加わってくださいますよう、よろしくお願いします。

0RIMG6495.JPG炊き出し訓練

1RIMG6383.JPG北島町防災・情報メール登録ブース

2RIMG2418.JPG津波避難マップ(北島中学校防災クラブ作成)

3RIMG2425.JPG災害ボランティアセンター模擬体験

4RIMG6432.JPG応急危険度判定体験

5RIMG2428.JPG避難所体験コーナー

7RIMG2427.JPG簡易段ボールトイレの作製

8RIMG6474.JPGペット同行避難訓練

カテゴリー

このページの
先頭へ