HOME記事生産性向上特別措置法に基づく導入促進基本計画

生産性向上特別措置法に基づく導入促進基本計画

生産性向上特別措置法に基づく導入促進基本計画について

1.制度の目的

 中小企業の業況は回復傾向となっていますが、労働生産性は伸び悩んでおります。今後、少子高齢化や人手不足、働き方改革への対応等の厳しい事業環境を乗り越えるため、老朽化が進む設備を生産性の高い設備へと一新し、事業者自身が労働生産性の飛躍的な向上を図ることを目的としています。

2.先端設備等導入計画の概要

 中小企業・小規模事業者等が、設備投資を通じて労働生産性の向上を図るための計画で、生産性向上特別措置法において定められています。

3.北島町の導入促進基本計画

 北島町の導入促進基本計画.pdf (PDF 136KB)

4.北島町の取組み

 北島町では導入促進基本計画を策定し、平成30年6月18日付で国の同意を得ましたので、先端設備等導入計画の申請の受付を行っております。申請の際は事前に認定経営革新等支援機関(商工会議所・商工会・中央会等)に確認していただく必要がございます。

 また、一定の要件を満たした先端設備等導入計画に基づき、取得設備の固定資産税の負担を3年間ゼロにします。

 ※詳しくは中小企業庁(ホームページ:外部サイト)をご確認ください。

 

カテゴリー

このページの
先頭へ