HOME記事認知症に関すること

認知症に関すること

早めの相談や受診が大切です。

認知症になると完治は難しいとされていますが、早期に発見して適切に対処すれば、その人らしい充実した暮らしを長く続けることができます。

○認知症の原因になる病気は様々ですが、早期に発見して早期に適切な治療を始めることで維持、改善が期待できます。

○本人や家族が話し合って治療方針を決めたり、今後望む生活を話し合えたりと事前に準備をすることができます。

○本人や家族で抱え込んでしまい共倒れすることも少なくありません。早めに相談し、適切な治療やサポートを考えることが大切です。

認知症の人と家族の会が作成している認知症早期発見の目安です。参考にしてみて下さい。

認知症早期発見のめやす[1].pdf (PDF 59.5KB)

相談場所

○かかりつけ医

○徳島県認知症疾患医療センター

○徳島県認知症疾患医長センターBPSD専門外来

○北島町地域包括支援センター

○認知症の人と家族の会

認知症の人と家族の会では電話相談窓口があります。詳しくはHPご覧下さい。

 

お問い合わせ

北島町地域包括支援センター

〒771-0203 北島町中村字上地23-1

℡.088-698-8951 fax.088-697-0517

houkatsu@kitajima.i-tokushima.jp

このページの
先頭へ