HOME記事第4回定例会を終えて(平成28年12月)

第4回定例会を終えて(平成28年12月)

furukawa.jpg

 寒気の影響で、東京では平年より40日早く初雪を観測しました。11月での初雪は1962年以来、54年ぶりという異例の早さであったとのことです。北島町におきましても第4回定例会12月7日開会日以降、例年にもまして厳しい寒さが続き、年の瀬を感じさせられました。

 また、第3回定例会閉会後の10月21日には鳥取県中部を震源とする大地震が発生しました。北島町からも現地へ職員を派遣し、行政手続等の協力をさせていただきましたが、鳥取県から帰庁した職員からの現場報告を受ける度、北島町においても遠くない未来に発生するとされている、南海トラフ巨大地震に対し、行政として万全の体制で備え、被害を最小限におさえるまちづくりを停滞することなく進めるべきであると痛感しております。

 さて、先日開催されました北島町議会第4回定例会におきましては、議案12件、報告1件を提出、議員各位の慎重審議をいただき、承認をいただきました。

 そのうち、今回の一般会計補正予算案では、危機情報管理室より同報系防災行政無線デジタル化再整備工事費を計上いたしました。冒頭でも申し上げましたとおり、デジタル無線によって町内全域に勧告や非常サイレン等を届け、町民の皆さまが迫りつつある危機を正確に知ることにより減災につなげられるものと確信し、今後も整備を進めてまいります。

 本年度も残りわずかとなりました。北島町民皆様の安心・住みやすい町づくりを目指し北島町行政のさらなる進展につなげてまいります。

 町民の皆様には町政に対して今後ともご理解ご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

 

北島町長  

古川 保博

カテゴリー

このページの
先頭へ