HOME記事後期高齢者医療保険の医療給付について

後期高齢者医療保険の医療給付について

病院を受診するとき

病気やけがで保険医療機関を利用したときは、被保険者証を提示することで療養の給付を受けられます。医療機関の窓口では、前年の所得に応じて、かかった医療費の1割もしくは3割を窓口で支払うこととなります。

1割・3割の判定基準はコチラのフローチャートをご参照ください。

高額療養費

高額療養費とは、暦月での1か月間に医療機関等の窓口で支払われた一部負担金(食事代や差額ベッド代などの保険がきかない費用を除いた金額)が所得に応じて定められている自己負担限度額を超えた場合、超えた分の金額が支給(払い戻し)される制度です。

自己負担限度額について

毎月の自己負担限度額は次の4種類に分けられます。

平成29年8月診療分より、所得区分が「現役並み所得者」・「一般」の方の限度額が変更になりました。

所得区分
負担区分
自己負担限度額(月額)
外来(個人単位)
外来+入院(世帯単位)
現役並み所得者

住民税課税所得が145万円以上で、収入が高齢者複数世帯で520万円以上、高齢者単身世帯で383万円以上の方

3割 57,600円

80,100円+医療費が267,000円を超えた場合は、超えた額✕1%

※4回目以降44,400円

一 般

現役並み所得者、低所得者以外の方 1割

14,000円

年間上限
144,000円

57,600円

※4回目以降44,400円

区分Ⅱ 世帯員全員が住民税非課税である方  8,000円 24,600円
区分Ⅰ 世帯員全員が住民税非課税で、各種収入等から必要経費・控除を差し引いた所得が0円となる世帯の方(単身世帯で年金収入のみの場合、受給額80万円以下の方) 15,000円

※過去12か月の間に、外来+入院の高額療養費の支給を4回以上受ける場合の4回目以降の限度額。

該当者と申請方法

高額療養費の支給対象に該当する場合、診療月のおよそ2ヶ月後に高額療養費の請求についてお知らせする通知と申請書が届きます。
申請書が届きましたら、必要事項等をご記入のうえ、役場保険福祉課へ提出してください。申請は、郵送でも可能です。

限度額適用・標準負担額減額認定証について

区分Ⅰ・Ⅱに該当する方は、申請により『限度額提要・標準負担額減額認定証』が交付されます。
入院や高額な外来診療を受ける場合に、この認定証を医療機関に提示いただくことで、窓口でのお支払いが自己負担限度額までとなります。

その他の給付

入院時食事療養費(入院したときの食事代)

入院する場合は、食事代のうち国が定めた費用を自己負担することになります。

  所得区分 食事代
一般・現役並み所得者 ※360円
③④のいずれにも該当しない指定難病患者    260円
区分Ⅱ 90日までの入院    210円
過去12か月で91日目以降の入院    160円
区分Ⅰ    100円

※平成30年4月1日以降は「1食460円」になります。

●区分Ⅰ・Ⅱの方は、入院の際に『限度額適用・標準負担額減額認定証』を提示しなければ、一般の食事代がかかりますので、事前に役場保険福祉課まで申請してください。

療養費

医師の指示によりコルセット等の補装具を作った場合等で医療費の全額を支払ったときは、保険福祉課に申請し認められると、支払った費用のうち自己負担額を除いた額を療養費として受給できます。

 

各種申請に必要なものはこちらの一覧表をご覧ください。 → 各種申請手続き必要書類一覧

 

主な給付については以上となります。

その他の給付等、詳しくは徳島県後期高齢者医療広域連合HPをご覧ください。

お問合せ先

〒771-0285 徳島県板野郡北島町中村字上地23-1
北島町役場 保険福祉課
℡088-698-9805

 

このページの
先頭へ