HOME記事一般廃棄物中間処理施設の建設計画について

一般廃棄物中間処理施設の建設計画について

 北島町の一般廃棄物中間処理施設(清掃センター)は、昭和60年に現在の太郎八須に竣工してから既に30年以上が経過し、施設の老朽化により現在では毎年多額の修繕経費を要し、新しい施設の整備が大きな課題となっています。

 そこで、我が町と共に同様の課題を抱える近隣市町(小松島市、勝浦町、石井町、松茂町)が、平成28年5月に徳島市へごみ処理施設の広域整備についての要望を行い、その後この関係6市町においてごみ処理施設の広域整備に関する協議を重ねてきました。

 そうして、広域による一般廃棄物中間処理施設の整備や管理運営を行うための連携の仕組み等について合意に至りましたので、平成29年3月に関係6市町による協定を締結し、平成29年7月には広域処理するための一般廃棄物中間処理施設の整備等の事務について、北島町ほか4市町が徳島市に委託しました。

 

一般廃棄物中間処理施設の広域整備計画については、次のURLから徳島市のホームページでご確認いただけます。

http://www.city.tokushima.tokushima.jp/kurashi/recycle/keikaku_gomi/mpfacility_bldplan/index.html

 

 

カテゴリー

このページの
先頭へ