HOME記事軽自動車税の減免申請の継続手続きについて

軽自動車税の減免申請の継続手続きについて

軽自動車税の減免申請の継続手続きについて

これまでに、障がいをお持ちの方本人が運転する車両の減免申請を承認された方で、次年度も障がい者手帳の等級や車両の所有者及び構造等に変更の無い場合は「軽自動車税減免申請書(継続用)」を提出することにより、継続して減免を受けることができます。

《減免の継続の対象となる自動車》  

運転者  車の所有者 用途 車種制限
本人運転 本人 制限無し 事業用以外の軽自動車等

注1.1人1台に限ります。      
注2.普通自動車税と軽自動車税の両方を減免することは出来ません。  
        
※「軽自動車税減免申請書(継続用)」は、前年度に減免決定のあった対象車両の軽自動車税納税通知書に同封してお送りします。軽自動車税納税通知書と伴に期限までに郵送等により提出して下さい。

□■申請書の提出期限は、納期限の7日前までです。■□

        
年の途中で次に該当される方には、軽自動車税減免申請書(継続用)をお送りしない場合があります。

●前年度において減免された車両を手放した方(譲渡や廃車、標識番号変更等)  
●減免の申請を取り下げた方      
●減免を受けられていた方の死亡      
        
また、次に該当される方は、継続の承認にはならず、新規申請と同様の書類を添付して申請していただく場合があります。

継続の対象とならない方           
●障がい者手帳の内容が変更になった方         
●本人運転から家族運転に変更になる方(運転免許証の返還、取消等)   
●家族運転・介護者運転の方           
        
事後に行う調査の結果、減免の要件に該当しない事実が判明した場合は減免した税金を課税します。

 

カテゴリー

お問い合わせ

税務課

軽自動車税係

電話:
088-698-9803

このページの
先頭へ