HOME記事軽自動車税

軽自動車税

【納税義務者】

毎年4月1日現在、原動機付自転車・軽自動車・小型特殊自動車・二輪小型自動車等を所有されている方に課税されます。軽自動車は普通自動車と異なり、月割課税制度がないため、4月2日以降に軽自動車等を取得された方には、その年度の税金はかからず、年度の途中で廃車等により所有者でなくなった場合も、その年度の税金の払い戻しはありません。

 

【軽自動車税の税率について】

平成28年度から、軽自動車税の税率が改正されました。

原動機付自転車及び二輪等

車  種

排 気 量

税額(年額)
平成27年度まで 平成28年度から

 

原動機付自転車

50cc(電気の場合0.6kw)以下 1,000円 2,000円
50cc超90cc以下 1,200円 2,000円
90cc超125cc以下 1,600円 2,400円
ミニカー 2,500円 3,700円

小型特殊自動車

農耕作業用 1,600円 2,000円
その他 4,700円 5,900円
軽二輪 125cc超250cc以下 2,400円 3,600円
小型二輪 250cc超 4,000円

6,000円

軽自動車(四輪以上及び三輪)・・・最初の新規検査年月によって適用される税率が異なります。

平成27年4月1日以降にはじめて新規検査を受けた車輌は新税率が適用されます。

また、平成28年度以降、はじめて新規検査を受けた月の属する年から14年を経過する月の属する年度以後の年度分から「重課税率」が適用されます。(平成15年10月14日以前に初めて車両番号の指定を受けた車両については、その年月ではなく年のみが記録されているため、平成14年、平成15年は12月に初年度検査を受けたとみなして重課を適用することとしています)

※動力源又は内燃機関の燃料が、電気・天然ガス・メタノール・混合メタノール・ガソリン電気併用の軽自動車並びに被けん引車を除く。

 

車 種 区 分

税率(年額)
最初の新規検査年月(初年度検査年月)
平成27年3月31日まで 平成27年4月1日以降

14年経過の月が属する年度以後

旧税率 新税率 重課税率

四輪

以上

乗用 自家用 7,200円 10,800円 12,900円
営業用 5,500円 6,900円 8,200円
貨物用 自家用 4,000円 5,000円 6,000円
営業用 3,000円 3,800円 4,500円
三輪 3,100円 3,900円 4,600円

 

【軽減税率表】

平成27年4月1日から平成28年3月31日までにはじめて新規検査を受ける減税対象車(三輪以上の軽自動車)を取得した場合については、平成28年度に限りグリーン化特例(軽課)が適用されています。

★★グリーン化特例(軽課)の延長★★

グリーン化特例が1年間延長され、平成28年4月1日から平成29年3月31日までにはじめて新規検査を受ける減税対象車(三輪以上の軽自動車)を取得した場合についても、平成29年度に限りグリーン化特例(軽課)が適用されます。

 

車種区分

税率(年税額)
(ア)

(イ)

(ウ)

 

軽 自 動 車

三輪 1,000円 2,000円 3,000円

 

四 輪 以 上

乗  用 自 家 用 2,700円 5,400円 8,100円
営 業 用 1,800円 3,500円 5,200円
貨物用 自 家 用 1,300円 2,500円 3,800円
営 業 用 1,000円 1,900円 2,900円

(ア)電気自動車・燃料電池自動車・天然ガス軽自動車(平成21年排ガス規制NOx10%以上低減)

(イ)乗  用:平成17年排ガス規制75%低減達成(★★★★)かつ平成32年度燃費基準+20%達成車

   貨物用:平成17年排ガス規制75%低減達成(★★★★)かつ平成27年度燃費基準+35%達成車

(ウ)乗  用:平成17年排ガス規制75%低減達成(★★★★)かつ平成32年度燃費基準達成車

   貨物用:平成17年排ガス規制75%低減達成(★★★★)かつ平成27年度燃費基準+15%達成車

※(イ)(ウ)については、揮発油(ガソリン)を内燃機関の燃料とする軽自動車に限ります。

※各燃費基準の達成状況は、自動車検査証の備考欄に記載されています。

 

【軽自動車の登録・廃車等の手続き】

軽自動車等の取得・譲渡・廃車・住所変更等は、車輌の種類によって手続き場所が異なります。

北島町役場税務課での手続き 

 原動機付自転車(125cc以下)・小型特殊自動車(ミニカーを含む)

【登録】  

申告事項

必要なもの

新規取得もしくは他市区町村でナンバープレート廃車手続き済みの車輌を登録する方

(例)

・販売店から購入

・知人からの譲り受け

・転入

① 軽自動車税申告書兼標識交付申請書.pdf (PDF 50KB)

② 登録者の印鑑

③ 販売証明書もしくは譲渡同意書.pdf (PDF 19.4KB)

 (①の証明欄に記入押印がある場合は不要)

④ 廃車証明書※                   

※ ③および④が無い場合は車体番号の石刷りを添付

上記の方で北島町に住民登録がない方

※住民登録地の市区町村でナンバーの交付を受けることが原則です

 

 

上記①~④の他に下記の書類も必要です。

⑤ 使用の本拠地が北島町であることが確認できる書類

 (例)マンション等の賃貸借契約書のコピー

⑥ 免許証のコピー

⑦ 住民票の写し

他市区町村で廃車手続きをしていない方

(例)

・転入

・ナンバーが付いたまま原付等の譲り受け

① 軽自動車税申告書兼標識交付申請書.pdf (PDF 50KB)

② 軽自動車税廃車申告書兼標識返納書.pdf (PDF 47.3KB)

③ ナンバープレート

④ 登録者および前所有者の印鑑

⑤ 軽自動車税申告書控えもしくは標識交付証明書

【廃車】

申告事項

必要なもの

廃棄・譲渡・転出等

① 軽自動車税廃車申告書兼標識返納書.pdf (PDF 47.3KB)

② ナンバープレート

③ 登録者の印鑑

④ 軽自動車税申告書控もしくは標識交付証明書

ナンバープレートを破損して再交付を希望する方

① 軽自動車税廃車申告書兼標識返納書.pdf (PDF 47.3KB)

② 軽自動車税申告書兼標識交付申請書.pdf (PDF 50KB)

③ ナンバープレート

④ 登録者の印鑑

排気量を変更した方

 

 

① 軽自動車税廃車申告書兼標識返納書.pdf (PDF 47.3KB)

② 軽自動車税申告書兼標識交付申請書.pdf (PDF 50KB)

③ 原動機付自転車の排気量等変更届.pdf (PDF 31.6KB)

④ ナンバープレート

⑤ 登録者の印鑑

盗難にあった方

 

① 軽自動車税廃車申告書兼標識返納書.pdf (PDF 47.3KB)

② ナンバープレート紛失届.pdf (PDF 33.8KB)

③ 登録者の印鑑

④ 盗難被害届を提出した警察署名・受理番号

    盗難届出日・被害年月日が記入できること

 

 

軽自動車協会・陸運支局で手続き

 軽自動車(3輪・4輪)・※軽2輪(125cc超え250cc以下)について・・・新住所地の軽自動車協会

 2輪の小型特殊自動車(250cc超)について・・・新住所地の陸運支局

 ※軽2輪については、県によって管轄が軽自動車協会でない場合があります。

【徳島県でのお問い合わせ先】

 徳島県軽自動車協会   電話 088-641-2010

 徳島県陸運支局     電話 050-5540-2074

 

【税止め手続きについて】

軽自動車検査協会や陸運支局で車輌の廃車・住所変更・名義変更など登録を変更した際に有料の代行手続きを利用しない場合、ご自身で受付印のある次の書類のいずれかを北島町役場税務課に持参するか郵送してください。

・軽自動車税申告書控えのコピー

・車検証返納証明書のコピー

・新ナンバーおよび旧ナンバーの車検証のコピー

【軽自動車税の減免】

身体に障がいのある方または知的障がい、精神障がいのある方のために使用される軽自動車等で、一定の要件に該当するものについては、納税義務者等の申請により、軽自動車税を全額免除します。申請期限については当該年度の納期限前7日前までとなっています。今年度の申請締め切りにつきましては税務課までお問い合わせください。

軽自動車税の減免申請について

減免の対象となる障害の範囲

軽自動車税の減免申請の継続手続きについて

【軽自動車税の納め方】

毎年5月上旬に町から送付される納税通知書兼領収証書により、金融機関窓口か町役場で納めてください。

便利な口座振替もございますので、詳細は税務課窓口にお問い合わせください。

【車検用納税証明書について】

車検において車検証の返付を受ける際に、軽自動車税納税証明書(継続検査用)が必要です。

1.軽自動車税を納税通知書で納付いただいた場合

納税通知書兼領収証書の右端部分が証明書となります。軽自動車税納税証明書(継続検査用)の納税義務者・標識番号が印字されているものに領収印があれば使用できますので、車検を受けるまで大切に保管してください。

※車検対象外の車輌(原付等)および当該年度以前に未納がある場合、証明書欄については*が印字されております。この場合、納税証明書としては使用できませんので税務課までご連絡ください。

 

2.ゆうちょ銀行または郵便局専用の払込取扱票で納付いただいた場合

領収印が押されている払込取扱票では軽自動車税納税証明書(継続検査用)にはなりません。車検を受けるため、証明書が必要となる場合は税務課窓口もしくは郵送にて証明書の発行を申請してください。

なお、金融機関窓口で納付後、税務課で納付確認ができるまで期間を要します。納税証明書がすぐに発行できない場合がありますので、納付した領収書をご持参ください。

●郵送で請求する場合(納付した領収書のコピーも同封してください)

http://www.town.kitajima.lg.jp/docs/49.html

 

3.口座振替をご利用の場合

納税通知書兼領収証書に記載されている納期限の日にご指定の金融機関口座から振替した後、軽自動車税納税証明書(継続検査用)が合わさった「口座振替納税済案内書兼納税証明書」(ハガキ)を送付しておりますので、車検まで大切に保管をお願いします。

なお、発送に1週間程度要しますので、この間に税務課窓口で納税証明書の発行を申請されましても、納付確認ができない場合があります。お手数ですが、引き落としが記載された通帳をご持参いただきますようお願いします。

※車検を受けられる等の理由で、当該年度に限り納付書で現金払いを希望される場合は5月20日までに税務課へご連絡ください。(この日を過ぎますと、口座振替を停止できない場合があります。)

【お問い合わせ】

〒771-0285  徳島県板野郡北島町中村字上地23番地1  北島町役場 税務課  

                       電話 088-698-9803  FAX 088-698-8494

カテゴリー

このページの
先頭へ