HOME記事国民健康保険 よくある質問Q&A

国民健康保険 よくある質問Q&A

資格について

Q就職して社会保険に加入しました。国民健康保険で手続きは必要でしょうか。

A国民健康保険を脱退する(資格喪失)手続きが必要です。詳しくは「国民健康保険加入・脱退などの手続き」をご覧ください。

 

Q:会社を退職して社会保険の資格が切れました。健康保険の手続きはどうしたらいいですか。

A:健康保険の加入について、次の3つをご検討ください。

①社会保険の任意継続

会社の保険を最大2年間延長して加入する方法です。退職後20日以内に手続きが必要です。保険料や加入手続きなど詳しくは、職場へお尋ねください。

②社会保険の扶養

ご家族の中で、お勤めされている人の社会保険等の扶養に入る方法です。加入条件や手続きの方法など詳しくは、お勤めされている人の職場へお問い合わせください。

③国民健康保険へ加入

詳しくは「国民健康保険加入・脱退などの手続き」をご覧ください。

 

Q:会社を辞めてから国民健康保険加入の手続きを忘れていました。保険証はいつから使えますか。また、保険税はいつから払うのでしょうか。

A:現在の医療保険制度では、国民のすべてが何らかの健康保険に加入しなければならないことになっています。国民健康保険の資格は、他の健康保険が適用されなくなった日から取得することになり、保険税も届出が遅れた分をさかのぼって負担していただくことになります。

 

Q:社会保険に入ったのですが、社会保険の保険証が届くまでの間に医療機関で国民健康保険の保険証を使って受診してしまいました。届出等が必要でしょうか。

A:医療機関からの請求は、審査を経たうえで早ければ2か月後に北島町に届きます。内容や被保険者資格を確認して請求が誤っているものは医療機関に戻したり、世帯主に返還の請求をさせていただいています。北島町国保が世帯主に請求させていただくことがありますので、その際は返還をお願いします。返還していただいた金額は、受診当日に加入していた保険に請求をすれば、支給される場合があります。

 

Q:大学に進学するため、北島町から転出します。国民健康保険は住民登録のあるところで加入すると聞きましたが、国民健康保険の手続きは必要でしょうか。

A:原則として住民登録があるところで加入することになりますが、修学のため転出する場合は、学生用の被保険者証(マル学)を交付することができます。

マル学保険証の交付や返還には手続きが必要です。

【交付手続きに必要なもの】在学証明書等 保険証 認め印

卒業等修学のための転出でなくなった場合や、社会保険の被保険者となった場合は国保喪失の手続きが必要です。詳しくは、保険福祉課国保担当までお問い合わせください。

 

給付について

Q:出産予定なのですが、出産育児一時金が支給されると聞きました。どういう手続きが必要でしょうか。

A:多くの産院で「直接支払い制度」が適用されています。出産した産院からは「請求額から出産育児一時金相当額を差し引いた金額」が出産した方に請求され、健康保険から産院に直接、出産育児一時金相当の金額を支払う仕組みです。

産院でこの制度を利用する旨の「同意書」に記入すれば、この制度が利用できます。なお、この制度が利用できない産院もありますので産院でご確認ください。

直接支払い制度を利用した場合でも、出産費用が42万円を下回る場合は、「42万円と出産費用の差額」が支給できますので、保険福祉課で申請してください。

【手続きに必要なもの】出産費用の領収書 認め印 振込先のわかるもの(世帯主名義)

 

Q:国民健康保険の加入者が死亡した場合に葬祭費がもらえると聞きましたが、どういう手続きが必要でしょうか。

A:葬儀を行った人(喪主)に対して2万円が支給されます。亡くなった人の保険資格喪失手続き時に保険証の返還と葬祭費の申請をしてください。

【手続きに必要なもの】喪主の認め印 喪主の氏名がわかる書類(会葬礼状など)※死亡届を北島町に提出した場合は不要です。 振込先のわかるもの(喪主名義)

 

 

カテゴリー

このページの
先頭へ